ログイン>>> | HOME | ご利用ガイド | ご利用料金 | よくある質問 | お問い合わせ

既未読機能を「利用する場合」、「利用しない場合」の送信方法の違いについて

先生の管理画面にアクセスした時点で既未読機能を利用する設定になっています。

既未読機能を利用する場合は、保護者に送信されるメールにはURLが記されておりそれをクリックすることによりブラウザで連絡事項を読むことができますが、既未読機能を利用しない場合はメールに連絡事項が記載されています。

利用する状況により使い分けてください

既未読確認を利用する場合と利用しない場合の保護者へ送信されるメールについて

【既未読確認を利用する場合】

1.件名:◇●●●●●から連絡があります◇
  のメール(●●●●●には学校・幼稚園名が入ります)
  
  連絡事項が記載されたページのURLが記載されている。
            ↓
            ↓
2.連絡事項が記載されているページをブラウザで開く

  ブラウザで開いたページに連絡事項が記載されています。
            
※ブラウザで開くことによって「先生」管理画面の既未読表示が「○」になります。


【既未読確認を利用しない場合】

1.件名:◇●●●●●から連絡があります◇
  のメール(●●●●●には学校・幼稚園名が入ります)

  メール本文に連絡事項が記載されています。

 




>>>よくある質問TOPへ
 >>>HOMEへ
R365.JP_Support :: - :: - []
»Categories
»New Entries
»Others